いぼを治療して完全に除去する方法|いぼのない生活を手に入れよう

レーザー治療

ドクター

いぼがあることで悩んでいる方はレーザー治療がおすすめです。レーザー治療は、いぼを切除する方法の一つで短時間で傷跡もほとんど残らないので、多くの人に取り入れられたポピュラーな治療法です。

詳細へ

いぼができる原因と基礎知識

カウンセリング

いぼといっても大きく分けて二種類のいぼがあります。それぞれ発症する原因が異なるので、それぞれにあった治療法が必要です。治療を効率よく進めるためにいぼの関する知識を把握しておくことが大切です。

詳細へ

いぼの切開切除

女性

いぼができると、気になってしまって自分で取ってしまいたいと、思う人が多いかもしれません。大きすぎるいぼや顔の目立つところにあるいぼは、顔の良さを半減させてしまいます。でも自分で無理やりとったりするのはやめて、なるべく治療には病院に行くようにしましょう。小さいいぼの治療といっても、不安になる方は多くいます。そんな不安をなるべく感じさせないように、ほとんどのクリニックではリラックスした環境づくり、プライバシーに配慮した環境を整えています。さらに、腫れや痛みを極限まで抑えた治療法を提案しているので、安心して相談してみましょう。いぼを治療する方法として、切開切除する方法があります。治療の流れは、まず局所麻酔を行ない、いぼの周囲を沿うようにしていぼを取り除き、傷痕が目立たないようにしてきれいにして縫合して終了です。局所麻酔を行なう時は、一瞬チクッと感じる程度の痛みがありますが、手術中はほとんど痛みがないので安心できます。手術時間も短くて約10分程度で終了します。手術当日から約一週間はガーゼかテープで固定することになります。このテープですが、クリニックによっては肌色のテープを準備しているところもあります。肌色のテープだと白いテープに比べて目立たないので、白いテープだと目立って気になる方は、事前に医師に確認をするようにしましょう。手術当日は、基本的に洗顔・洗髪・シャワーはおすすめしませんが、どうしてもという方は、防水テープなどを利用して、濡れない工夫をしてからシャワーに入るようにしましょう。術後は消毒薬が処方されるので、1日1回綿棒などを使って消毒するようにしてください。傷の状態や大きさにもよりますが、抜糸は術後1週間程度で行ないます。抜糸後からシャワーやメイクが可能になるので、女性の方は傷痕をうまく隠すことができます。この時点では、腫れや痛みはほとんどありません。医師は傷跡を残さない為にも、なるべく工夫をして傷痕を縫いますが、場合によってはうっすら傷跡が残る可能性があります。しかしほとんどの場合は2、3カ月で完治します。

加齢いぼとは?

看護師

加齢いぼは基本的に、良性の腫瘍なので心配する必要はありませんが、悪性皮膚がんとよく似ているので、一度は治療にかかることをおススメします。ここでは加齢いぼに関する情報をお教えします。

詳細へ

病院選びのポイント

レディ

いぼの治療をするために、病院選びに悩む人も多くいると思います。安易に病院を決めてしまうと費用が高かったり治療に納得がいかない可能性もあるので、しっかりと自分に合った病院を見極めるようにしましょう。

詳細へ

自宅でいぼを治療する方法

婦人

いぼができてしまったら自分で治療してしまいたいと思う人は多くいます。いぼの治療に適した市販薬が販売されているので、試してみるのも一つの手段です。しかし、いぼにも種類があるので適切な治療法かどうかきちんと確認することが大切です。

詳細へ

To Top