いぼを治療して完全に除去する方法|いぼのない生活を手に入れよう

いぼができる原因と基礎知識

カウンセリング

いぼの治療を考えている方は、いぼができる原因を知っておくと、治療がスムーズに進みます。そもそもいぼってなぜできるのでしょうか。いぼには「ウイルス性のいぼ」と「加齢いぼ」の2種類があります。ウイルス性のいぼは、「ヒトパピローマウイルス」という目に見えないくらい、小さなウイルスに感染することでいぼができてしまいます。この「ヒトパピローマ」は100種類以上存在し、種類によって症状や、感染する部位が異なります。ヒトパピローマに感染する原因は、人の粘膜を介して体内に侵入し発症します。そのため、健康的な皮膚であればウイルスの侵入はありませんが、皮膚に傷口が塞がっていない傷があると、注意をする必要があります。特に商業施設のような、多くの人が利用するドアノブやプールなどといった場所には、ウイルスが付着している可能性があります。そのため、なるべく触れないように努力をしましょう。特にプールは要注意です。多くの人の素肌が露出しているので、ウイルス感染経路として、格好の条件を備えています。そのため、傷口がある場合は、絆創膏やテープを巻いてウイルスの侵入を防ぐようにしましょう。ヒトパピローマウイルスは大変小さいため、基本的にどのような場面でも感染する可能性はあるので、油断は禁物です。

一方、加齢いぼの場合は、主な原因は肌の老化によって起こります。加齢いぼの治療には、お肌の負担が少ない、レーザー治療がおすすめです。肌の老化は個人差がありますが、人は歳を重ねると必ず老化現象が起こります。そうすると新陳代謝が衰えて、古い細胞が新しい細胞に生まれ変わりにくくなり、健康的な状態が失われていきます。そのため、若いときはいぼができるはずがないと思っていても、将来は誰でも年を取るので、誰でもいぼができる可能性があるのです。なるべく加齢いぼができるのを防ぐには、紫外線に当たるのを防ぐことです。紫外線に当たり過ぎると、肌の細胞は破壊されてしまうので、いぼができやすくなります。外出する時などは日傘やカーディガンを使用して、紫外線対策をするようにしましょう。しかし、首や顔は基本的に露出している時間が長く隠すのも難しいので、大きい帽子やマスクなどを使って、紫外線対策をするようにしましょう。

To Top