いぼを治療して完全に除去する方法|いぼのない生活を手に入れよう

レーザー治療

ドクター

いぼを除去する方法の一つとして、レーザー治療があります。レーザー治療は切開治療と比べて、多くの人に取り入れられている方法です。また、メスを使用しないので出血も少なく痛みも感じにくいのが特徴です。患部の状態に合わせて、その人に合ったレベルのレーザー治療を行います。そうすることで、お肌の負担も減るので、治療を最短で効率よく進めることができます。そう聞くと、「レーザー治療の方が良いじゃないか」と考えてしまいますが、問題なのは費用です。いぼの大きさや個数、種類によっても異なりますが、治療期間は3~6ヶ月程度必要になります。1ミリ当たり2000円~5000円とクリニックによって差が大きくなるので、手術前によく確認をしてから、治療を行うようにしましょう。レーザー手術の流れは、まず第一に診察を行ないその際に、いぼの状態や大きさ数を確認します。レーザーがその人に合うかどうか、テスト照射を行って、体質的に問題が無いのかを確認します。その後問題がないのが確認できたら、費用の見積もりを行ない、施術を行なう日程決めをして予約を入れます。施術当日は、痛みが無いようにクリームタイプの局部麻酔を使用します。拡大鏡で確認をしながらプラン通りに丁寧にレーザーを当てていきます。1回の照射は一瞬で終わるので、複数のいぼがあってもかなりの短時間で施術が終わります。照射後は赤みが出るのでしばらく冷やし、さらに炎症を予防するために薬や軟膏を塗ります。当日は麻酔が切れるとピリピリと痛みを感じる可能性があります。さらに術後当日は照射した部分を水でぬらさないように工夫が必要になります。傷が濡れないように工夫をしたら、シャワーをすることが可能になります。クリニックによっては念のため、痛み止めを処方してくれますが、ほとんどの場合が服用するほど痛みが出るのは少ないです。術後は1週間程度で新しい皮膚ができますが、見た目はかさぶたの様になります。場合によっては痒みがありますが、間違ってもこすったり剥がしたりしないようにしましょう。自然に剥がれるのを待つようにしてください。施術をした翌日と1~2週間経過した後に診察をして、傷痕のチェックを行います。この時点で特に問題が無ければ、自宅ケアに切り替わります。

To Top